開発

TransifexでDjangoのドキュメントを日本語化する手順メモ


Transifexというサイトで、Djangoのドキュメントの翻訳を少ししてみました。

django-jaでは翻訳とレビュアーを募集しています。詳しくは下記ページをご覧ください。

documentation / 翻訳への参加方法 | djangoproject.jp
http://djangoproject.jp/translate/

翻訳の手順

すでに、Djangoのチームには入っていたので、今回は翻訳までの手順をおさらいメモ。

まず、Djangoのプロジェクトに行きます。
https://www.transifex.com/django/

Japaneseを選択。
Transifex   多国語化プラットフォーム_1

django-docsを選択します。
django-docs

とりあえずhow-toを見てみます。
django-docs_01

ポップアップが表示されるので翻訳ボタンを押します。
django-docs_02

左ペインに英語、右ペインの上部に翻訳する英語のセンテンス、その下に翻訳を入れる部分があります。
django-docs_03

翻訳を入れて保存すれば官僚です。センテンスごとに分かれているのが特徴。

また、ファイルをダウンロードして変更することもできるようです。オンラインでもかなり快適に作業ができるので、オフライン作業するときかなと。

レビューする時

Transifexでは、最初翻訳者として入ります。レビュアーになるには、管理者が翻訳者をレビュアーにする必要があります。

レビュアーになると右側の翻訳部分にレビューのボタンが表示されます。
レビュアー

問題なれけば、レビューボタンを押します。

修正がある場合には、文章を変更して保存を押し、変更した文章が反映されたら、レビューボタンを押します。