テキストアドベンチャーゲームアプリ「Lifeline(ライフライン)」が凄すぎる


iOSアプリで、Apple Watchにも対応している「Lifeline…(ライフライン…)」のアイデアに久しぶりに脱帽。

テキスト形式のアドベンチャーゲームなのですが、とても良く作られているゲームでした。

ゲームの内容は至ってシンプル。

遭難した人から通信が届き、それに答えていくとストーリーが進みます。これがある程度リアルタイムで進行していくのが特徴です。つまり、遭難している人が移動している間はゲームは進行していますが、プレーヤー自体は待ちの状態なのです。

これでApple Watch対応と言われると、ああ、そういうことかと。

この段階ですごいなと思いました。

実際にプレイしてみると、とても良作のゲームということがわかります。

通信をしていると相手から頼みごとをされたりすのですが、それがその後の選択肢にも関わってくるので、ぜひ調べてみてくださいヽ(´▽`)/〜♪

たぶん、プレイした人が回答しているのですが、その回答がかなりニヤリとする書き方です。ゲームの雰囲気を壊さないようにしているんだろうなあと。

ゲーム自体だけでなく、このゲームの良さに共感した人が、上手に攻略の示唆をしているというか、そういうゲームの周辺の部分も含めて、すごい作品だと思いました。

テクノロジー的にすごいわけではありませんし、グラフィックがすごいわけでもありません。なのに、ここまでゲーム自体で感動したのはかなり久しぶりだなあと。

iPhone・iPad、Apple Watch対応で、価格は¥120です。

正直、買って損なし。全部をプレイしなくても、このゲームの雰囲気、そして仕組みを感じることができるだけでも、¥120払う価値アリのアプリです。

ちなみに私自身の1回目のゲーム結果はこんな感じでした。
2015-09-21 00.06.50
たぶん、失敗だったと思います。といっても、どんなエンディングが正解なのかはわかりませんが。