小説ネタ:脳言語

脳がもし、コンピュータのようなものであるならば、脳を構成するプログラミング言語があるはずだ。 それを脳言語とする。 そして、脳言語で書かれたプログラミングを外部からキックすると、人間を操ることができるという話。 逆に脳言 続きを読む →

小説ネタ「世界が47回目に滅んだ時、僕は君の名を叫んだ」

タイトル 世界が47回目に滅んだ時、僕は君の名を叫んだ テーマ 未定。タイトルの響きがよいかなとか。 あらすじ 僕はこれまで46回世界が滅んだところを見てきた。 そのたびに僕は新たな世界を作り始めた。 それが僕が神として 続きを読む →

小説ネタ:世界が滅びそうなとき、僕たちは手を取り合うことはできるのだろうか

タイトル 世界が滅びそうなとき、僕たちは手を取り合うことはできるのだろうか? テーマ 世界が滅びそうなとき、僕たちは手を取り合うことはできるのだろうか?というタイトルがそのままテーマ。 あらすじ これだけ争いが絶えない社 続きを読む →

個人的メモ-小説の文章を分解してパターン化できないか?

例えば、暑いことを表現する場合、 「あつい:」で変換すると、 汗が止まらない 灼熱の 獄炎の 〜〜〜 と暑い表現が出てくる的な。 で、それは辞書を使っても良いし、既存の小説を形態素解析して分解してパターン化できないかなと 続きを読む →