雑記

iPadをセカンドディスプレイにするアプリまとめ


ipadのセカンドディスプレイアプリのまとめです。個人的にiPadとMacをつなぐときにはDuet Display(デュエットディスプレイ)をメインに使っていますが、それ以外もあるので紹介します。

Duet Display(デュエットディスプレイ)


¥1,900
iPhone・iPad
個人的にiPadをセカンドディスプレイとして使うときに一番おすすめのアプリです。ケーブルでつなぐ必要がありますが、その分、遅延も少ないですし、操作も快適です。

Macの画面よりも小さいので、ブラウザを少し小さくして、左側に移動するとサブディスプレイに表示されます。

感想とレビューはこちら。
iPadをMacのセカンドディスプレイにするアプリDuet Displayを試す | kazsogaブログ

また、勉強会に参加したときに、私と同じようにMacのセカンドディスプレイとしてDuet Display(デュエットディスプレイ)を使っている方がいらっしゃいました。地味に日本でも使っている方多いです。

Air Display 3 (USB + Wi-Fi)


¥1,800
iPhone・iPadアプリ
Air Display 3の最大の特徴は、USBとWi-Fiを使って、iPadをMacのセカンドディスプレイにできる点です。また、iPad側でタップしたりして、マウスを動かしたり、クリックしたりできます。ピンチとズームも可能です。同時に4台のiPadを接続することができるのも特徴。

Duet Display(デュエットディスプレイ)が微妙であれば、MacのセカンドディスプレイとしてiPadを使うアプリとしては、こちらが次点にくると思います。

前のバージョンである、Air Display 2もありますが、個人的には細心バージョンがおすすめです。

Splashtop Extended Wireless Display 2


¥1,200
iPadアプリ
ピンチ・ツー・ズーム機能や仮想キーボードなどを備えているアプリです。

アプリとして不安定なところがあるので、今後のアップデートに期待したいところ。

セカンドディスプレイアプリレビュー総評

現在、iPadをセカンドディスプレイにするアプリとしては、上記の3つがメインです。特に、Duet Display(デュエットディスプレイ)が登場してからは、そのシンプルさから、Duet Display(デュエットディスプレイ)を使う方が多いように思います。私の周りだけかもしれませんが。

個人的にも、結局Duet Display(デュエットディスプレイ)で落ち着いていて、勉強会に行くときにもかなり使っています。いろいろなアプリがあるのですが、Duet Display(デュエットディスプレイ)が一番安定している印象があります。この安定しているというのは結構重要で、つながりにくかったり、ディレイが発生したり、ミラーリングしかできなかったりと、トラブルが続くほど、セカンドディスプレイを使わなくなってしまうからです。その分、生産性は落ちてしまいます。

実際に私も一時期、iPadをセカンドディスプレイとして使うことを諦めていました。しかし、Duet Display(デュエットディスプレイ)のアプリを使ってからは、かなり積極的に使っています。特にプログラミングするときに重宝していますね。サブディスプレイにWebの情報をのせてメインのMacでターミナルを複数開いて使ったり、逆の使い方もありです。とにかく、遅延が少なく安定しているので、あるとかなり便利ですヽ(´▽`)/〜♪

私はiMacを持っているので、家でiMad、外でMBA+iPadという使い方をしています。