ゲーム

ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス攻略メモ-ボーンブレイカー(バロックス・フィレラベン)編(iPhone・iPadアプリ)


ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス攻略メモ-死の預言者(アーキミトロス)編(iPhone・iPadアプリ)に続き、iPhone・iPadアプリ「ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス」のヒーロー「ボーンブレイカー(バロックス・フィレラベン)」の攻略メモです。

ボーンブレイカー(バロックス・フィレラベン)の特徴

ボーンブレイカー(バロックス・フィレラベン)は、タンク(Tank)と呼ばれる系統のキャラクターです。タンク(Tank)とはいわゆる肉の壁のことで、HPや防御が高く、敵の攻撃を一手に引き受けるヒーローのことです。ヒーローズ・オブ・オーダー&カオスでは、ガーディアンと呼ばれるヒーローがタンク(Tank)系ヒーローです。

2015-01-14 02.07.27

近距離攻撃しかないため、基本的に前線で戦うことになります。また、タンク(Tank)の仕事は、敵の的になってやられることと言っても過言ではありません。それは、負けるためではなく味方のキャリー(Carry)を成長させるためです。

キャリー(Carry)とは、火力が高くゲームを勝利に導く(運ぶからキャリー)ヒーローのことです。ヒーローズ・オブ・オーダー&カオスでは、主にファイター(Fighter)がその役割を担うことになります。逆に言えば、敵のファイター(Fighter)を優先的に倒すのが、勝利への近道です。

つまり、タンク(Tank)は味方のキャリー(Carry)を守るのが仕事と言えます。ヒーローズ・オブ・オーダー&カオスのヒーローの中でも、ボーンブレイカー(バロックス・フィレラベン)は地味ですが、タンク(Tank)として優れたヒーロースキルがあります。

ヒーロースキルの特徴

ボーンブレイカー(バロックス・フィレラベン)のヒーロースキルの中で、もっとも特徴的なのが、レベル6になった時に覚えることができるトーントです。トーントは、ターゲットの攻撃を一定時間自分に向けさせるヒーロースキルです。
2015-01-14 02.07.47

自分の攻撃力を高めるという効果もありますが、それはおまけみたいなものです。

ターゲットの攻撃を自分に向けさせる意味

最初にヒーローの特徴で書いた通り、タンク(Tank)の仕事は敵の的になって、味方のキャリー(Carry)を守ることです。ヒーロースキルのトーントは、まさにそれを体現したスキルと言えます。

実際に、私がプレイしたPvP(プレーヤー同士の対戦)の動画がありますので、ご覧ください。

なかなかわかりにくいのですが、混戦の時には、敵のキャリーのターゲットを自分に向けさせたり、塔の下でディフェンスしている敵のヒーローを引っ張ってきたりしています。

ボーンブレイカー(バロックス・フィレラベン)は、他のヒーローに比べて、キル(相手のヒーローを倒すこと)がしにくいです。そのため、最終スコアだけ見ると、あまり強そうに見えません。かなり活躍していても、その強さを実感するのは、敵プレーヤーだけなので。実際に私は、敵のプレーヤーに褒められたことがあります。

地味ですが、個人的にはかなり気に入っているヒーローです。

おすすめ購入アイテム

おすすめの購入アイテムは、
ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス攻略メモ-死の預言者(アーキミトロス)編(iPhone・iPadアプリ)
でも紹介した「消えた神学者のケープ」と「ハデスアーマー」です。
2015-01-06 00.40.17

2015-01-06 00.40.21

タンク(Tank)系のヒーローは、この2つのアイテムが鉄板と言えます。

ボーンブレイカー(バロックス・フィレラベン)は、タンク(Tank)系のヒーローの中でも、「消えた神学者のケープ」と「ハデスアーマー」との相性は非常に良いです。ヒーロースキルに範囲攻撃がありますので、「消えた神学者のケープ」を組み合わせると敵ソルジャーや中立ミニオンを倒しやすくなります。また、「ハデスアーマー」はヒーロースキル「トーント」との相性が良いです。

この2つのアイテムを購入後は、攻撃力をあげたり、さらにHPを上げたりと好きに成長させて問題ありません。自分流のアイテムセットをいろいろと試してみてください。

タンク(Tank)の欠点

ヒーローズ・オブ・オーダー&カオスでは、ガーディアン(タンク系のヒーロー)が他のMOBA系のゲームよりも多少強く設定されているという話があります。

確かに、タンク(Tank)は強くなると、倒すのが難しくなります。ただ、欠点として、メイジ(Mage)の魔法攻撃には弱いです。敵の編成を見て、メイジ(Mage)系のヒーローが多い場合には、魔法防御を上げることも大切です。

また、強いと思っていても、ギャング(Gang)されると、すぐに死んでしまいます。特に序盤では、そこまでヒーローの能力に差はないので、あまり突撃しないよう心がけています。

ちなみに、ギャング(Gang)とは、相手よりも人数の多いヒーローで相手を倒すことです。ヒーローズ・オブ・オーダー&カオスに限らず、MOBA系のゲームでは、いかに相手をギャング(Gang)するかがポイントとも言えます。相手よりも強い戦力で戦いに臨むのは、当たり前と言えば当たり前ですね。

ファーム(farm)とは

ゲームをプレイしていると、ファーム(farm)という言葉を見かけることがあります。ファーム(farm)とは、中立ミニオンを中心に倒してレベルアップすることです。また、たまに前線に参加して、敵をギャング(Gang)します。

目標はultのヒーロースキルが覚えられるレベル6です。レベル6になったら、だいたい戦線に戻ってきます。

ちなみに、League of Legends(リーグ・オブ・レジェンズ、通称LoL)では、Jungle(ジャングル)と呼ばれています。

ボーンブレイカー(バロックス・フィレラベン)は、比較的ファーム(farm)に向いているヒーローです。隙を見計らって中立ミニオンを倒しにいくのは当然ですが、3vs3の時はファーム(farm)でレベル上げするのもアリです。味方のヒーローを見て、ファーム(farm)しにくそうなら、自分から積極的にファーム(farm)宣言するのがおすすめです(^▽^喜)