開発

Djangoアプリの移行手順メモ


Djangoプロジェクの新規作成

$ django-admin.py startproject projectname
$ cd projectname # 動作確認
$ python manage.py migrate # 動作確認
$ python manage.py createsuperuser # 動作確認

アプリの移動

元のDjangoアプリをコピーしてくる。
cp -a Djandgoappname 移動先

staticファイルとtemplateファイルの移動

元のDjangoアプリで使っているファイルをコピーしてくる。
staticファイルとtemplateファイル共に、Djangoのプロジェクト直下におく。
具体的にはこんな感じ。
$ ls
apps db.sqlite3 djangoproject manage.py static templates

templateについては、settings.pyで設定する。

settings.pyの編集

INSTALLED_APPSに、コピーしたDjangoアプリを追加。
TEMPLATESの’DIRS’を以下のように変更。
'DIRS': [os.path.join(BASE_DIR, 'templates')],
また、’context_processors’に以下の行を追加。
'django.template.context_processors.static',
最終的には、こんな感じ。

TEMPLATES = [
    {
        'BACKEND': 'django.template.backends.django.DjangoTemplates',
        'DIRS': [os.path.join(BASE_DIR, 'templates')],
        'APP_DIRS': True,
        'OPTIONS': {
            'context_processors': [
                'django.template.context_processors.debug',
                'django.template.context_processors.request',
                'django.contrib.auth.context_processors.auth',
                'django.contrib.messages.context_processors.messages',
                'django.template.context_processors.static',
            ],
        },
    },
]

また、STATIC_URL = ‘/static/’の下に以下を追加。

STATICFILES_DIRS = (
    os.path.join(BASE_DIR, "static"),
)

あとは必要に応じて、元のファイルからコピーしていく。

urls.pyの編集

settings.pyと同じ階層にあるurls.pyを開いて、必要な項目を追加。

virtualenvの環境作成

virtualenv ディレクトリ名 #環境の作成
source ディレクトリ名/bin/activate

pipで環境構築

pipでバージョンを確認して、必要ならpipとsetuptoolsをアップデート。
$ pip list -o
$ pip install --upgrade pip
$ pip install --upgrade setuptools

前の環境で、
pip freeze > requirements.txt
でpipの環境のデータを取る。

で、新しい環境にインストール。
pip install -r requirements.txt

メモ

python-dateutil (2.4.2)
をインストールしたら、
six (1.9.0)
が入った。

Bitbucketにリポジトリを作成

Bitbucketで新規リポジトリを作成して、Djangoのプロジェクト直下で、以下のコマンドを打つ。
git init
git add .
git commit -m "first commit"
git remote add origin git@bitbucket.org:kazsoga/djangoproject.git  # djangoprojectはBitbucketで作成したリポジトリ名
git push -u origin --all # pushes up the repo and its refs for the first time
git push -u origin --tags # pushes up any tags

下の3行はBitbucketで新規リポジトリを作成した時に、設定方法がみれるのでそれを確認。

・参考
Bitbucketに既存のソースコードのリポジトリを作成する | kazsoga(曽我一弘)ブログ

以上。