brew doctorでpyenvのWarning-Mac


$ brew doctor
をしたら、Warningがでた。

Warning: "config" scripts exist outside your system or Homebrew directories.
`./configure` scripts often look for *-config scripts to determine if
software packages are installed, and what additional flags to use when
compiling and linking.

Having additional scripts in your path can confuse software installed via
Homebrew if the config script overrides a system or Homebrew provided
script of the same name. We found the following "config" scripts:

/Users/sogakazuhiro/.pyenv/shims/python-config
/Users/sogakazuhiro/.pyenv/shims/python3-config
/Users/sogakazuhiro/.pyenv/shims/python3.4-config
/Users/sogakazuhiro/.pyenv/shims/python3.4m-config

システムやhomebrewのディレクトリ以外で、configファイルが存在していると、Homebrewでパッケージをインストールするときにconfigファイルを元にいろいろと設定をするから、問題が起きるかもしれないという話の模様。

調べてみたら、
brew doctor reports warnings after installing pyenv. – Issue #42 – yyuu/pyenv – GitHub
に、

Because pyenv is using shims to inject commands into $PATH, this is not avoidable in pyenv.

と書いてあって、Mac、Homebrew、pyenvでは回避できない問題みたい。

あと、
Warning: python is symlinked to python3
This will confuse build scripts and in general lead to subtle breakage.

というWarningも出た。

これはHomebrewの場合、pythonコマンドはpython2を使うようにしてくれというもの。

対処法としては、
$ pyenv global system 3.4.3
として、pythonだと2系(今回はMacのpython)、python3で、3.4.3を見るように設定した。

バージョンを確認すると、こんな感じで表示される。
$ pyenv versions
* system (set by /Users/sogakazuhiro/.pyenv/version)
* 3.4.3 (set by /Users/sogakazuhiro/.pyenv/version)
$ python -V
Python 2.7.10
$ python3 -V
Python 3.4.3

MacだとAWSとかとはまた違う環境設定が必要そうだなあと。