開発

Bitbucketでssh接続してpushするまで


右上のアイコンをクリックして、アカウントの管理をクリックします。
スクリーンショット 2015-07-02 23.25.31

左のメニューからSSHキーを選択します。
スクリーンショット 2015-07-02 23.25.25

鍵の追加ボタンを押すとポップアップが表示されます。
スクリーンショット 2015-07-02 23.31.16

Macの場合、
cat ~/.ssh/id_rsa.pub | pbcopy
のコマンドで自分のMac内にあるid_rsa.pubのファイルの中身をコピーできます。

コピーして先ほどのところに貼り付けます。
Labelを記入して保存して終了です。

また、AWSなどのサーバだと、pbcopyでエラーがでます。
cat ~/.ssh/id_rsa.pub
とすると、表示されます。

設定が完了したら、一度ローカルのPCにあるファイルを削除してください。そして、新たにBitbucketからCloneします。

既存のものにsshの設定を追加する方法もあるのかもしれません。が、私はわからなかったで、リポジトリからCloneし直しました。

あとは、ファイルを作ってgit add, commitしてpushすれば、パスワードを聞かれずにpushできます。
$ git push
warning: push.default is unset; its implicit value has changed in
Git 2.0 from 'matching' to 'simple'. To squelch this message
and maintain the traditional behavior, use:

git config --global push.default matching

To squelch this message and adopt the new behavior now, use:

git config --global push.default simple

When push.default is set to 'matching', git will push local branches
to the remote branches that already exist with the same name.

Since Git 2.0, Git defaults to the more conservative 'simple'
behavior, which only pushes the current branch to the corresponding
remote branch that 'git pull' uses to update the current branch.

See 'git help config' and search for 'push.default' for further information.
(the 'simple' mode was introduced in Git 1.7.11. Use the similar mode
'current' instead of 'simple' if you sometimes use older versions of Git)

Warning: Permanently added the RSA host key for IP address '131.103.20.168' to the list of known hosts.
Counting objects: 3, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (3/3), 306 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 3 (delta 1), reused 0 (delta 0)
To git@bitbucket.org:kazsoga/tutorial.git
dfb5741..0b620e3 master -> master

Bitbucket側。
スクリーンショット 2015-07-02 23.46.37

AWS側でもCloneし直したら、pullできました。ssh2.textというのを新たに作って試しています。
$ git pull
Warning: Permanently added the RSA host key for IP address '131.103.20.168' to the list of known hosts.
remote: Counting objects: 3, done.
remote: Compressing objects: 100% (2/2), done.
remote: Total 3 (delta 1), reused 0 (delta 0)
Unpacking objects: 100% (3/3), done.
From bitbucket.org:kazsoga/tutorial
0b620e3..ccc3ac2 master -> origin/master
Updating 0b620e3..ccc3ac2
Fast-forward
ssh2.text | 1 +
1 file changed, 1 insertion(+)
create mode 100644 ssh2.text
$ ls -a
. .git README.text sample.html ssh.text text.txt
.. README.md pulltest.txt sandbucket.jpg ssh2.text

参考サイト
SSH認証キーをBitbucket/GitHubに設定しよう! [Mac簡単手順] – 酒と泪とRubyとRailsと
[Gehirn RS2] SSHキーをBitbucketに登録してgitコマンドを使えるようにする – Qiita
GitHubとBitbucketへの公開鍵の登録方法 SSHで複数鍵の使い分け – TASK NOTES