開発

Bitbucketに既存のソースコードのリポジトリを作成する


リポジトリの作成ボタンを押します。
スクリーンショット 2015-07-03 00.10.25

で、名前を決めればリポジトリができるようです。今回は、課題管理、Wikiやプログラミング言語にpythonなどを選択。
最後の、Repository integrationsはリポジトリの統合のようです。そのうち試してみようと思います。
スクリーンショット 2015-07-03 00.08.41

次に、アップロードしたいソースコードのディレクトリに移動して、git initして、addしてcommitしてから、表示されたコマンドを打ちます。
git init
git add .
git commit -m "Repository add"
git remote add origin git@bitbucket.org:kazsoga/open_project.git
git push -u origin --all # pushes up the repo and its refs for the first time
git push -u origin --tags # pushes up any tags

すると、作成したリポジトリにソースコードがアップロードされます。

新しくリポジトリを作るとコマンドが表示されるので、便利ですね。

リポジトリにアップロードする場合。
スクリーンショット 2015-07-03 22.39.49

ゼロから作る場合。
スクリーンショット 2015-07-03 22.39.48