開発

Amazon LinuxにDjango 1.7.7をインストール-はじめてのAWS


pipでDjangoをインストールしてみる。

$ pip3 install Django
エラーが出た。

で、sudoをつけてみたら、

$ sudo pip3 install Django
sudo: pip3: コマンドが見つかりません

とのこと。

いろいろと調べてみたら、

sudo「コマンドが見つかりません」PATHが初期化されているときの対処法 – シングスブログ
に行き当たる。

ここに書かれている、

3. パスを設定する場合

を試す。

で、sudoersってどうやって編集するのか調べたら、

一般ユーザーを sudo できるようにする – maruko2 Note.
にたどり着く。

$ visudo
visudo: /etc/sudoers: 許可がありません
visudo: /etc/sudoers: 許可がありません

で、Amazon Linuxの場合、suをしてパスワードが求められますが、パスワードがわかりません(>_<) で、調べてみたら、自分で設定してあげる必要があるとのこと。 EC2インスタンス(Amazon Linux)の初期設定 : アジャイル株式会社

$ sudo passwd root

でパスワードを設定後、

$ su
パスワード:
root$ visudo

で、編集できました。

Defaults secure_path = /sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/local/bin

にしてあげて、

$ sudo pip3 install Django

したら、インストール完了。

$ pip3 list
Django (1.7.7)
pip (6.0.8)
setuptools (12.0.5)

次は、Djangoの起動。
Amazon LinuxでDjangoを起動する-はじめてのAWS | kazsoga(曽我一弘)ブログ