環境を作り直したらAmazon Linux AMIにpipが含まれていた件


virtualenvを使ってみようと思い、AWSでゼロから構築。

で、Python 3.4.3を
改めてAmazon LinuxにPython 3.4.3をインストールする-はじめてのAWS | kazsoga(曽我一弘)ブログ
に従ってインストール。

で、次はpipと思ったら、pip入ってた。

$ pip list
You are using pip version 6.0.8, however version 6.1.1 is available.
You should consider upgrading via the 'pip install --upgrade pip' command.
aws-cfn-bootstrap (1.4)
awscli (1.7.14)
Babel (0.9.4)
backports.ssl-match-hostname (3.4.0.2)
bcdoc (0.13.0)
boto (2.36.0)
botocore (0.95.0)
chardet (2.0.1)
cloud-init (0.7.6)
colorama (0.2.5)
configobj (4.7.2)
docutils (0.11)
ecdsa (0.11)
iniparse (0.3.1)
Jinja2 (2.7.2)
jmespath (0.6.1)
jsonpatch (1.2)
jsonpointer (1.0)
kitchen (1.1.1)
lockfile (0.8)
MarkupSafe (0.11)
paramiko (1.15.1)
PIL (1.1.6)
pip (6.0.8)
ply (3.4)
pycrypto (2.6.1)
pycurl (7.19.0)
pygpgme (0.3)
pyliblzma (0.5.3)
pystache (0.5.3)
python-daemon (1.5.2)
python-dateutil (2.1)
pyxattr (0.5.0)
PyYAML (3.10)
requests (1.2.3)
rsa (3.1.2)
setuptools (12.2)
simplejson (3.6.5)
six (1.8.0)
urlgrabber (3.9.1)
urllib3 (1.8.2)
virtualenv (12.0.7)
yum-metadata-parser (1.1.4)

もしかして、Amazon LinuxのAMIだともう標準でインストールされちゃってるのかも。

で、再度AMIをインストールしてみた。
バージョンは、
Amazon Linux AMI 2015.03 (HVM), SSD Volume Type – ami-cbf90ecb
です。

で、インストール直後にpip listしたら上記と同じ内容でした。

Amazon Linux AMIにはpipが標準で入っているようです。また、いろいろなライブラリも。この辺りは、好き嫌いが出そうな気もしています。