パーソナルスペースの個人的仮説


パーソナルスペースとは、その人が他者へ許している距離。で、その距離が短いほど、相手に対して親密さを感じているということ。

で、このパーソナルスペース、単純に距離だけではなくて、強さというものがあるのではないかなと。

敏感さと言っても良いかもしれない。

つまり、パーソナルスペースに入られた時に、どの程度ストレスを感じるか? という話。

で、パーソナルスペースが強い人と弱い人がいるのではないか? というのが個人的仮説(俺理論)。

パーソナルスペースが強い人は、M傾向。強い人とは、人に入られたくない想いが強い人。支配されると考えてしまう。

パーソナルスペースが弱い人は、S傾向。入られても問題はない人。逆にそこは自分のテリトリーと考える人。

なんてことをぼんやりと考えました。個人的なメモです。