雑記

コンピュータと人間の境目は何か?


コンピュータと人間との境目は何かなとか。

例えば、ネット越しの場合、人間とコンピュータの区別はつきにくくなっています。

実際に、チャットボットなどが以前流行りましたね。

私もひっかかったことがあります。

ただ、長時間チャットボットと話していると、違和感に気づき、ボットだと理解します。

これは、人間のコミュニケーションの幅が広いことが原因と考えられます。

例えば、森博嗣先生の「すべてがFになる」という作品の中で、真賀田四季博士と西之園萌絵が会話するシーンがあります。

最後に、西之園萌絵が真賀田四季博士に質問した内容が「あなたは誰ですか?」です。

その時、真賀田四季博士がそれは人工知能にはできない質問だと言いました。

また、それを思考の飛躍という表現をしていました。

それが人間にしか本当にできないことなのかなあとか。

そもそも、思考の飛躍というロジックをコンピュータにもたせてあげれば、見かけ上、思考の飛躍が生まれるようにも思います。

そうなったとき、人間はコンピュータと人間を区別できるのでしょうか?

もしできなければ、人間とコンピュータを区別する、その差というのは、構成している物質の違いだけになるのかなと思ったり。

そもそも自我というものが、まだ個人的に理解できていないことが、その大きな原因なのかもしれません。

自我ってなんでしょうね。

人間だけが持つ思考ってなんでしょうね。

論理的になればなるほど、人間はコンピュータに近づき、コンピュータの処理能力が高くなればなるほど、人間に近づけようとしていて、歩み寄っているような気もします。

コンピュータに自我が生まれた時、一体、それは人間にとって何を意味しているのでしょうか。

なんだか、とりとめのない、まとまりのない話なのですが、言いたかったのは、結局、人間って何?って話で、小説を書きながら、ぐるぐると頭を回っていて、未だに答えが出ないなあということです。